屋根のコーキングをして屋根を補修

屋根コーキング業者

建物の劣化によって雨風が室内に侵入することもあります。屋根などは特に亀裂や瓦、スレートなどへのダメージなどによってその隙間から雨水が入ってきてしまうことで被害を受けることもでてくるでしょう。日ごろから屋根に異常が見当たらないかチェックすることも重要ですが、亀裂や隙間などをみつけた際には放置せずすぐに修繕を行うということも大切です。

 

屋根の修繕にはコーキング剤を使用して補修を行いましょう。ちょっとした亀裂や隙間などの場合にはそれほど難しい作業ではありません。業者に依頼して修理を行う場合にはそれなりに費用がかかってしまい家計の負担となってしまいます。そのため、ちょっとした修繕ならばコーキング剤など購入して行えば安くで済ますことができます。ただし、屋根のため足場が不安定な状況での作業となるため転落などには注意して作業を行う必要があります。家族など一緒に住んでいる場合には、何かあった時のために作業時にはサポートをお願いしておくことも大切です。それ以外にも屋根の構造上や3階建てなど作業しにくい場合や地面からかなりの高さでの作業となる場合には、無理をせず業者に依頼するようにしましょう。ケガをしてしまってはせっかく費用を抑えようとしても、治療費など補修以外でお金がかかってしまうため状況判断はしっかりと行うことが大切です。

 

台風など災害時には、建物に対してかなりのダメージを受ける場合もあります。大雨、台風の前後では屋根や建物の外壁など異常がないかこまめにチェックしておき、早めの対策を行うことで被害を最小限に食い止めるようにしましょう。また、住宅など長年住み続けているという場合には、一度、専門業者に屋根の点検をしてもらうことも一つの方法です。雨漏りの被害がでてしまうと天井裏やひどい場合には床などにまで被害が及ぶ可能性がでてくるため、早めに対策を行えるようにきちんとした点検を行ってもらうことも時には必要です。

コーキングの種類

屋根コーキング料金

外壁塗装で失敗しないためには、コーキングの種類と特徴について知っておくことが重要です。一般に、コーキングとは、防水性や気密性を保つために建築物の隙間をふさぐ工事を指して用いられていますが、ほかにも隙間を埋めるために使用される材料などについてもコーキングと呼んでいます。実際、コーキングは塗装という分野においては非常に重要な工程であると言われています。例えば、コーキングにも一般の塗料と同じように、色々な種類があります。例えば、アクリル系やウレタン系などはもちろんのこと、一般によく使用されているのは変成シリコン系やポリウレタン系であると言うことができます。

 

アクリル系と呼ばれる種類に関して言えば、高い透湿性が大きな特徴となっています。そのため、湿気が高い場所であっても利用することができるというメリットがあります。別の種類であるウレタン系の場合、硬化後のゴム弾力性が特徴となっており、目地補修やクラックなどの使用に適していると言えるでしょう。
また、コーキングの別の種類としてシリコン系がありますが、これは優れた耐候性と耐熱性が特徴となっています。特に、洗面台や浴室といった水回りやガラス回りの目地などに使用されることが多いと言われています。

 

さらに、このシリコン系と同じような特性を持つとされる変成シリコン系も、よく使用されているコーキングの種類と言えます。変成シリコン系はシリコン系と比べると、耐候性や耐熱性の点ではやや劣るとは言え、特性が似ているため目地などによく使われています。もう一つ、よく使用される種類としてはポリウレタン系を挙げることができるでしょう。ポリウレタン系のコーキングは比較的安価に入手できるということもあって、目地周辺に使用されることが多くなっています。しかし、ポリウレタン系は耐候性という点ではそれほど優れていないため、紫外線に当たる屋外で使用する場合には基本的に上からの塗装となります。

コーキングのやり方

屋根コーキング金額

ALCボードやサイディングボードなどのつなぎ目としても、非常に大切な役割を果たしているのがコーキングと言えるでしょう。コーキングの劣化によって内部へ雨水などが侵入すると大変ですから、早めの補修が必要です。コーキングを自分で行なうこともできますが、当然のこととしてプロに依頼することもできます。コーキングの基本的なやり方としては、大きく分けて二つの種類があり、打ち替え工法と増し打ち工法と呼ばれるものです。一つ目の打ち替え工法のやり方についてですが、まず既存のコーキングをカッターなどできれいに撤去することから始めます。撤去した後は、刷毛などを使って目地に残っている埃や汚れをきれいに清掃しましょう。

 

その後、目地のまわりにはみ出し防止の養生テープを貼りますが、できるだけきれいに貼ることがポイントです。そうでないと、きれいな仕上がりは期待できなくなってしまうからです。こうして養生テープをきれいに貼ったら、今度はプライマーと呼ばれる下塗り剤を目地の部分に塗布します。これによって、ボードとコーキング材とをしっかりと密着させることができるのです。プライマーは、言わば接着剤の働きをすると考えることができます。

 

次の段階は、目地の部分にコーキング材を注入していきますが、内部に空洞ができないようやや多めに注入することが勧められています。その際、上から下へ向かって行なうようにするのがポイントと言えます。ある程度充填できたと思ったら、ヘラなどを使って均一にならすようにしましょう。この時に、ただならすだけではなく、押さえこむようにならすなら内部がスカスカの状態になってしまうのを避けられます。最後に、乾いてしまう前に養生テープを剥がします。もう一つの増し打ち工法のやり方も、基本的には打ち替え工法のやり方とほぼ同じです。ただし、打ち替え工法で最初に行なう既存のコーキング材の除去はせず、その後は同じ流れで行なうことができるでしょう。

コーキングとシーリングの違い

屋根コーキング申し込み

シーリングはコーキングと呼ばれたり、シールと呼ばれるなど、人によって呼び方が異なります。そのためシーリングとコーキングは何が違うのかと疑問に感じる人も多いことでしょう。そもそもシーリングとは外壁材と外壁材の隙間や、窓のサッシのまわり、浴室の浴槽と壁の隙間など、住宅に元から存在している隙間を埋めるためのゴム状のパッキンのことを指しています。その役割はまず一つ目に、衝撃を吸収するクッションとしての役割が挙げられます。外壁や窓のサッシ、浴槽や壁などのように建材同士がぶつかり合うことを防止するためのクッションとしての役割を担っています。

 

外壁や住宅設備などを衝撃から守り、建物自体の資産価値を守るために重要な働きをしています。そして建物の防水性を高める役割もあります。建物に存在している隙間を埋めることにより、建物全体の防水性能を高めることにつながるでしょう。住宅には元から外壁材と外壁材のつなぎ目など様々な隙間が存在していることでしょう。このような隙間を埋めることにより、建物の内部に水が浸入するのを防いだり、建物全体の防水性能を高めることにつながります。雨漏りや漏水などを防ぎ、住宅設備の寿命を延ばすために非常に重要となります。

 

シーリングとコーキングの違いについてですが、どちらも同じ意味と考えて問題はないでしょう。その理由は現在建築業界ではコーティングもシールもシーリングとして統一表記されているからです。明確には昔は分類がなされていて、シーリング材は構造体の目地や隙間部分に充填して防水性や気密性などの機能を発揮させる材料、油性コーキング材は天然油脂や合成油脂などの、食材と鉱物質充填剤を混合して製造したペースト状のシーリング材のこととされていました。つまり油性コーキング材以外はすべてシーリング材に属するということです。しかし近年では油性コーキング材はほとんど使用されなくなりました。そのため現在ではどちらも同じ意味として使用され、同じ材料を示しています。